ソフトバンク中田が6回途中にKO 3戦連続6回持たずに悔しい降板 | NewsCafe

ソフトバンク中田が6回途中にKO 3戦連続6回持たずに悔しい降板

スポーツ ニュース

■好調・楽天打線を封じられず 6回途中に3失点で降板

 ソフトバンクの中田賢一投手が、6回途中でノックアウトされた。21日の楽天戦(ヤフオクD)で今季4度目の先発マウンドに上がったが、結果を残すことは出来なかった。

 初回、いきなり先頭の茂木に右前安打を浴びる。ワイルドピッチと四球もあって2死一、二塁とすると、銀次に中前に打球を弾き返され、先制点を奪われた。2回には先頭の岡島にソロ本塁打。5回1死では打撃好調の茂木に高めに浮いたカーブを右翼席へ運ばれるソロ弾を浴びた。

 6回先頭のアマダーを遊ゴロに打ち取ったところで、その後に左打者が4人続くことから、工藤公康監督は左腕の嘉弥真へスイッチした。

 4月1日のロッテ戦で7回無失点と好投し、勝利投手となって以降は、8日の西武戦(メットライフ)で3回5失点、14日のオリックス戦(ヤフオクD)で5回5失点とKOされていた右腕。これで3戦連続KOとなった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

《Full-count》

特集

関連記事

アクセスランキング

  1. 歌丸師匠死亡説が流れたワケ

    歌丸師匠死亡説が流れたワケ

  2. 藤あや子、再婚の危険性

    藤あや子、再婚の危険性

  3. 中居は残留?「SMAP完全解体」へのシナリオ

    中居は残留?「SMAP完全解体」へのシナリオ

  4. 【実話コラム】韓国で「クズ人間」に出会った直後に「仏のような人格者」に救われた話

    【実話コラム】韓国で「クズ人間」に出会った直後に「仏のような人格者」に救われた話

  5. マツコ・デラックスが「スタッフ恫喝」発言の『知らない世界』で、隠ぺいされた“コレクション紛失事件”

    マツコ・デラックスが「スタッフ恫喝」発言の『知らない世界』で、隠ぺいされた“コレクション紛失事件”

ランキングをもっと見る