首相就任なら毎日取材対応=軽減税率「自公合意の重さ承知」―石破氏 | NewsCafe

首相就任なら毎日取材対応=軽減税率「自公合意の重さ承知」―石破氏

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS

 自民党の石破茂元幹事長は10日の記者会見で、自身が総裁選に勝利して首相に就任すれば、首相官邸での「ぶら下がり」取材に毎日応じる考えを示した。その上で「メディアを選別したり、(取材を)制限することはあってはならない」と強調した。
 毎日の取材対応は、菅直人元首相が2011年の東日本大震災を機に取りやめ、安倍晋三首相も応じていない。石破氏は「気に入らないこと、不都合なことでも取材には極力応じるべきだという思いで対応していきたい」と語り、説明を尽くす姿勢を明確にした。
 また、慎重論を唱えてきた消費税率10%への引き上げに伴う軽減税率導入については「(公明党との)公党間の合意の重さは十分に承知している」と述べつつ、見直しを議論する意向を示した。 

《時事通信社》

 ≪PR≫
 >最高級!肉の王様が1万円で?