和洋中に万能に使える!鴨肉の魅力を徹底リサーチ | NewsCafe

和洋中に万能に使える!鴨肉の魅力を徹底リサーチ

グルメ オリーブオイルをひとまわし
和洋中に万能に使える!鴨肉の魅力を徹底リサーチ
和洋中に万能に使える!鴨肉の魅力を徹底リサーチ 全 1 枚 拡大写真

オリジナルサイトで読む >

フランス料理、中華料理、日本料理、幅広く使える鴨肉は、栄養の宝庫。とっつきにくい印象があるが、実は調理自体もそんなに難しくない。今回は、鴨肉を代表する料理と鴨肉の魅力について学んでいこう。

1. フランス料理と鴨肉

フランス料理において、鴨は最高級食材のひとつと言われている。フランスのトラディショナルなレストランでは、鴨肉はもちろん、フォアグラもしばしば用いられる。ちなみにフォアグラは、鴨の肝臓。餌を短期間に大量に与えて、脂肪肝にしたもの。そのフォアグラを取り出したのちの鴨はマグレ・ド・カナールと呼ばれ、食肉としても人気がある。

鴨のコンフィ

もっともよく知られている鴨料理と言えるのが、鴨のコンフィ。コンフィとは低い温度の油でじっくりと加熱した料理のこと。冷蔵庫がまだない時代、肉の保存のために生み出されたいわば生活の知恵。加熱後、そのまま冷やすと固まった脂肪で肉が覆われる。これにより、腐敗を防ぐのだ。レストランやビストロでは、骨つきの鴨をコンフィにしていることが多い。ほろっと口でほどける肉質は、病みつきになるはず。

オレンジとの組み合わせ

フランス料理において、鴨はよくフルーツと合わせて供される。特に有名なものが、オレンジを使ったソース。オレンジのほろ苦さと鴨の奥行きある味のコラボレーションは、ワインが進む味。そのほか、カシスなどが使われることもある。

2. 中華料理と鴨肉

中華料理で鴨といえば、北京ダック。ダックはアヒルという意味だが、アヒルは家禽化されたマガモを指すので、鴨と言える。その名の通り、北京の宮廷料理で鴨を丸ごと焼いたもの。皮をメインにカットし、パンや薄い皮に包んで食べる料理だ。そもそも脂身の多い鴨だが、北京ダックになる鴨は北京種と呼ばれる脂身が特に多い品種のみ。

専用釜と蜜

北京ダックは、鴨の内臓と血を抜き、皮と肉の間に空気を入れて膨らませ、蜜を塗って、数日陰干しにする。これを専用の釜に入れて、滴る油と調味料を塗りながら、焼いていく。皮だけを食べると思われがちだが、本場中国では身も一緒に削がれることが多いようだ。

3. 日本料理と鴨肉

日本で鴨料理というと鍋や蕎麦を思い浮かべる人が多いのではないだろうか?日本では、古くから鴨が食用として用いられてきた。
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

この記事の写真

/

特集

関連記事

アクセスランキング

  1. 『時給1630円』は安い? 神田愛花アナに「世間知らず」の批判

    『時給1630円』は安い? 神田愛花アナに「世間知らず」の批判

  2. ヤラセ疑惑!?『鉄腕DASH』 ありえない「奇跡」に視聴者が疑問

    ヤラセ疑惑!?『鉄腕DASH』 ありえない「奇跡」に視聴者が疑問

  3. 「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん

    「女性が傷付いているのに見て見ぬふりはできなかった。でも仕事柄、絶対に手は出せなかった」暴行を受けた長与千種さん

  4. イモトアヤコ『イッテQ!』謝罪後の発言が「意味深」と話題

    イモトアヤコ『イッテQ!』謝罪後の発言が「意味深」と話題

  5. 給食完食、強要やめて=相次ぐ不登校、訴訟も―支援団体に1000人相談

    給食完食、強要やめて=相次ぐ不登校、訴訟も―支援団体に1000人相談

ランキングをもっと見る