消えゆく戦闘機F-4「ファントムII」 空自百里基地で「ラストファントム」飛ぶ 3ページ目 | NewsCafe

消えゆく戦闘機F-4「ファントムII」 空自百里基地で「ラストファントム」飛ぶ

航空自衛隊の百里基地には、世界でも類を見ない数のF-4「ファントムII」戦闘機の現役機がいまだ配備されています。2019年にF-35戦闘機への機種転換を控える同基地の第302飛行隊が、イベントで最後の雄姿を見せました。第302飛行隊の「ラストファントム」に世界が注目 2018…

車・乗り物 乗り物ニュース
2018年12月2日、「百里基地航空祭」にて披露された特別塗装のF-4EJ改「ファントムII」と、こちらも特別仕様のバックプリントを披露する整備員(月刊PANZER編集部撮影)。
2018年12月2日、「百里基地航空祭」にて披露された特別塗装のF-4EJ改「ファントムII」と、こちらも特別仕様のバックプリントを披露する整備員(月刊PANZER編集部撮影)。 全 1 枚 拡大写真
 日本の航空自衛隊に「ファントムII」が導入されたのは、1971(昭和46)年のこと。世界で初めてF-4EJ「ファントムII」としてライセンス生産が許可され、1981(昭和56)年の生産終了までに輸入したRF-4Eと合わせ、154機を導入しました。

 導入後、1976(昭和51)年の「ベレンコ中尉亡命事件」なども起こり、低空目標への探知能力不足など課題も明らかになりましたが、1981年にF-15Jが採用されるまで、F-4EJ「ファントムII」は日本の主力戦闘機として運用されました。そう、当初の予定ではF-15の導入により、その一部は偵察機として残るものの、「ファントムII」は引退する予定でした。 しかし、ここで予定外のことが起こります。支援戦闘機として運用されていたF-1の引退が間近に迫っているにもかかわらず、その後継機であるF-2が完成していなかったのです。そこで白羽の矢が立ったのは「ファントムII」でした。
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 続きを読む

《乗りものニュース》

アクセスランキング

  1. ドッキリでバレた『FUJIWARA』コンビ仲の悪さに「見たくなかった…」

    ドッキリでバレた『FUJIWARA』コンビ仲の悪さに「見たくなかった…」

  2. 剛力彩芽“すっぴん”さらしまくりインスタの裏で一体何があった?

    剛力彩芽“すっぴん”さらしまくりインスタの裏で一体何があった?

  3. 不倫疑惑を自虐で乗り越えようとする赤江珠緒に「最低の母親!」と大批判

    不倫疑惑を自虐で乗り越えようとする赤江珠緒に「最低の母親!」と大批判

  4. 【期間限定】『チキンマックナゲット』が15ピースで390円! 新ソース「ナポリタン」と「スタミナ焼肉マヨ」の実力は…

    【期間限定】『チキンマックナゲット』が15ピースで390円! 新ソース「ナポリタン」と「スタミナ焼肉マヨ」の実力は…

  5. 武田真治『今くら』で大物芸能人との「懲りた交際」をポツリと…

    武田真治『今くら』で大物芸能人との「懲りた交際」をポツリと…

ランキングをもっと見る