消えゆく戦闘機F-4「ファントムII」 空自百里基地で「ラストファントム」飛ぶ 4ページ目 | NewsCafe

消えゆく戦闘機F-4「ファントムII」 空自百里基地で「ラストファントム」飛ぶ

航空自衛隊の百里基地には、世界でも類を見ない数のF-4「ファントムII」戦闘機の現役機がいまだ配備されています。2019年にF-35戦闘機への機種転換を控える同基地の第302飛行隊が、イベントで最後の雄姿を見せました。第302飛行隊の「ラストファントム」に世界が注目 2018…

車・乗り物 乗り物ニュース
2018年12月2日、「百里基地航空祭」にて披露された特別塗装のF-4EJ改「ファントムII」と、こちらも特別仕様のバックプリントを披露する整備員(月刊PANZER編集部撮影)。
2018年12月2日、「百里基地航空祭」にて披露された特別塗装のF-4EJ改「ファントムII」と、こちらも特別仕様のバックプリントを披露する整備員(月刊PANZER編集部撮影)。 全 1 枚 拡大写真
 もともと制空戦闘機として運用するため、対艦・対地攻撃能力をカットして航空自衛隊に導入されたF-4EJ「ファントムII」。そこに対艦・対地攻撃能力を再度、付与し、さらにレーダーや制御コンピュータを(当時の)最新のものに更新。ヘッドアップディスプレイシステムなども導入し、制空戦闘も対艦対地攻撃も可能なマルチロール機「F-4EJ改」へとバージョンアップされたのです。改修は1989(平成元)年から1993(平成5)年にかけて行われ、計90機が生まれ変わりました。 日本でF-4EJ改が新たな任務を与えられていた頃、生まれ故郷アメリカでは、「ファントムII」は第一線を離れ、静かにその寿命を終えようとしていました。またイギリスも「ファントムII」を退役させ、新たな戦闘機を導入する動きが加速していきました。

 しかし、そのほかの国は、日本同様「ファントムII」をグレードアップさせ、少しでも長く運用しようとさまざまな改修を行っています。もともとの頑丈さ、汎用性の高さなど、やはりその信頼性は、世界中で高く評価されていたのでしょう。イスラエルは独自システムと兵器を搭載できるF-4E-2020、通称「ターミネーター」を開発。ドイツもF-4Fに「ICE(Improved Combat Efficiency:戦闘効率改善)」と称するアップグレードを施して運用を続けました。
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 続きを読む

《乗りものニュース》

関連記事

アクセスランキング

  1. 『NGT48』中井りかの顔色がヤバい! 体調不良の理由は一体…

    『NGT48』中井りかの顔色がヤバい! 体調不良の理由は一体…

  2. 森高千里を絶賛する博多大吉から考えた、女性がオバさんと呼ばれるワケ

    森高千里を絶賛する博多大吉から考えた、女性がオバさんと呼ばれるワケ

  3. ブルゾンちえみの現在が衝撃!ついに激ヤセ成功!か?

    ブルゾンちえみの現在が衝撃!ついに激ヤセ成功!か?

  4. 『世界ふしぎ発見』胸チラ連発のセクシー放送に「狙ってるだろ!」

    『世界ふしぎ発見』胸チラ連発のセクシー放送に「狙ってるだろ!」

  5. 小栗旬の兄・小栗了、芸能事務所所属「そっくり」と話題に

    小栗旬の兄・小栗了、芸能事務所所属「そっくり」と話題に

ランキングをもっと見る