中国融資縮小で一致=米の世銀総裁候補と会談―麻生氏 | NewsCafe

中国融資縮小で一致=米の世銀総裁候補と会談―麻生氏

麻生太郎財務相は10日、マルパス米財務次官と日本の財務省内で会談し、世界銀行の中国向け融資を段階的に縮小すべきだとの認識で一致した。麻生氏が会談後、記者団に明らかにした。米トランプ政権は、マルパス氏を世銀の次期総裁候補として推している。

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/ADMINISTRATION
 麻生太郎財務相は10日、マルパス米財務次官と日本の財務省内で会談し、世界銀行の中国向け融資を段階的に縮小すべきだとの認識で一致した。麻生氏が会談後、記者団に明らかにした。米トランプ政権は、マルパス氏を世銀の次期総裁候補として推している。
 日本は、中国が開発途上国に対し、返済不能となるまで多額の融資を行う姿勢を問題視。マルパス氏は世銀の中国向け融資削減を表明している。麻生氏は中国向けを減らし、「真に必要な開発途上国へ着実に融資してほしい」と述べた。 

《時事通信社》

関連記事

アクセスランキング

  1. 「こじるりが謝れ!」村上信五が『熱愛報道』を謝罪し怒りの声

    「こじるりが謝れ!」村上信五が『熱愛報道』を謝罪し怒りの声

  2. 早見優、口腔がん公表の堀ちえみとの“約束”明かす 発表前日に連絡

    早見優、口腔がん公表の堀ちえみとの“約束”明かす 発表前日に連絡

  3. 新井浩文『強制性交』事件が「被害届から逮捕まで」半年かかった理由

    新井浩文『強制性交』事件が「被害届から逮捕まで」半年かかった理由

  4. 【コラム】フィフィの大炎上を見て思うこと / あるいはネットで謝罪する際「絶対にやってはいけないこと」について

    【コラム】フィフィの大炎上を見て思うこと / あるいはネットで謝罪する際「絶対にやってはいけないこと」について

  5. 「捨てられた」剛力彩芽! 彼氏とのキス話が堂々OAされた裏事情

    「捨てられた」剛力彩芽! 彼氏とのキス話が堂々OAされた裏事情

ランキングをもっと見る