難民サッカー選手解放=バーレーンが送還要求取り下げ―タイ | NewsCafe

難民サッカー選手解放=バーレーンが送還要求取り下げ―タイ

【バンコク時事】タイ司法当局は11日、オーストラリアで難民認定されたバーレーン出身のサッカー選手で、バーレーン政府の要請を受けて拘束していたハキーム・アライビ氏(25)を解放した。バーレーンに送還されれば迫害を受ける恐れがあるとの懸念から、国際サッカー…

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【バンコク時事】タイ司法当局は11日、オーストラリアで難民認定されたバーレーン出身のサッカー選手で、バーレーン政府の要請を受けて拘束していたハキーム・アライビ氏(25)を解放した。バーレーンに送還されれば迫害を受ける恐れがあるとの懸念から、国際サッカー連盟(FIFA)や豪州政府が解放を要求するなど、国際問題に発展していた。
 検察当局者は「バーレーンが送還要請を取り下げたため、解放を決めた」と説明した。
 ハキーム氏は2012年、家族の政治活動に関連して逮捕され、拷問を受けた。警察施設を損壊した罪で禁錮10年の有罪判決が下されたが、本人は罪を否認している。14年に豪州に逃れ、17年に難民認定された。
 タイ当局は昨年11月、国際刑事警察機構(ICPO)の国際手配に基づき、休暇で訪れたハキーム氏を空港で拘束。FIFAは1月23日、タイのプラユット暫定首相宛ての電子メールで、「豪州への安全で速やかな帰還に必要な措置を取るよう求める」と要請していた。 

《時事通信社》

関連記事

アクセスランキング

  1. 「こじるりが謝れ!」村上信五が『熱愛報道』を謝罪し怒りの声

    「こじるりが謝れ!」村上信五が『熱愛報道』を謝罪し怒りの声

  2. 早見優、口腔がん公表の堀ちえみとの“約束”明かす 発表前日に連絡

    早見優、口腔がん公表の堀ちえみとの“約束”明かす 発表前日に連絡

  3. 新井浩文『強制性交』事件が「被害届から逮捕まで」半年かかった理由

    新井浩文『強制性交』事件が「被害届から逮捕まで」半年かかった理由

  4. 【コラム】フィフィの大炎上を見て思うこと / あるいはネットで謝罪する際「絶対にやってはいけないこと」について

    【コラム】フィフィの大炎上を見て思うこと / あるいはネットで謝罪する際「絶対にやってはいけないこと」について

  5. 「捨てられた」剛力彩芽! 彼氏とのキス話が堂々OAされた裏事情

    「捨てられた」剛力彩芽! 彼氏とのキス話が堂々OAされた裏事情

ランキングをもっと見る