「継続的な運行の確保」答え出ず議論継続へ 豪雨被災のJR日田彦山線、いまも一部不通 | NewsCafe

「継続的な運行の確保」答え出ず議論継続へ 豪雨被災のJR日田彦山線、いまも一部不通

第3回日田彦山線復旧会議が開催。九州北部豪雨で被災したJR九州の日田彦山線は、現在も一部区間が不通ですが、復旧後の「継続的な運行の確保」についてはJR九州と沿線自治体とで議論が平行線をたどり、課題解決には至りませんでした。5か月振りに会議開催 2019年3月15日(…

車・乗り物 乗り物ニュース
土砂が流入した被災直後の日田彦山線 彦山~筑前岩屋間の釈迦岳トンネル出口付近(画像:JR九州)。
土砂が流入した被災直後の日田彦山線 彦山~筑前岩屋間の釈迦岳トンネル出口付近(画像:JR九州)。 全 1 枚 拡大写真
第3回日田彦山線復旧会議が開催。九州北部豪雨で被災したJR九州の日田彦山線は、現在も一部区間が不通ですが、復旧後の「継続的な運行の確保」についてはJR九州と沿線自治体とで議論が平行線をたどり、課題解決には至りませんでした。

5か月振りに会議開催

 2019年3月15日(金)、福岡市内で第3回日田彦山線復旧会議が開催。鉄道復旧後を見据えての「継続的な運行の確保に関する検討」については課題解決に至らず、結論は先送りになりました。

 日田彦山線は、日豊本線の城野駅(北九州市小倉南区)と久大本線の夜明駅(大分県日田市)を南北に結ぶ全長68.7kmのローカル線です。2017年7月の九州北部豪雨で大きな被害が発生し、現在も南側およそ半分の添田~夜明間29.2kmで不通が続いています。 会議は、この添田~夜明間を復旧するための方策を検討し、実施するために開催。委員として福岡県の小川 洋知事、大分県の広瀬勝貞知事、東峰村(福岡県)の澁谷博昭村長、添田町(同)の寺西明男町長、日田市の原田啓介市長、JR九州の青柳俊彦社長が、アドバイザーとして国土交通省九州運輸局の下野元也局長が、出席しました。 会議は2018年10月以来、5か月振りの開催ですが、2019年1月には実務者レベルによる「日田彦山線復旧会議検討会」が開かれています。 検討会からは、復旧後の路線の継続的な運行確保のため、JR九州が収支改善の目標額として地上設備のメンテナンス費用に相当する1億6000万円/年を提示。一方、沿線自治体が提案した利用促進策は、増収効果の試算が自治体側で2520万円、JR側で380万円で開きがあり、いずれも1億6000万円/年には届かないことが判明したことなどが報告されました。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《乗りものニュース》

関連記事

アクセスランキング

  1. ベッキーが予想した『新元号』の理由が“ゲス過ぎる”と批判続出

    ベッキーが予想した『新元号』の理由が“ゲス過ぎる”と批判続出

  2. 深田恭子に電撃結婚の可能性! お相手はやっぱり“あの人”?

    深田恭子に電撃結婚の可能性! お相手はやっぱり“あの人”?

  3. 「イチローにシラケた」ダンカンのブログ炎上が『予言』した“数字”とは

    「イチローにシラケた」ダンカンのブログ炎上が『予言』した“数字”とは

  4. 上戸彩の前で“元カレ”森田剛の話! リアクションに視聴者クギ付け…

    上戸彩の前で“元カレ”森田剛の話! リアクションに視聴者クギ付け…

  5. 木村拓哉の『絶対に笑ってはいけない』出演が“絶対に成功”する理由!

    木村拓哉の『絶対に笑ってはいけない』出演が“絶対に成功”する理由!

ランキングをもっと見る