【MLB】大谷翔平、第2打席は一塁失策の珍プレーで出塁 平凡な投ゴロも一塁手がよそ見 | NewsCafe

【MLB】大谷翔平、第2打席は一塁失策の珍プレーで出塁 平凡な投ゴロも一塁手がよそ見

■初回無死一、二塁の好機で迎えた第1打席は二直に倒れる■ツインズ ? エンゼルス(日本時間16日・ミネソタ) エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦で「3番・指名打者」で3試合連続でスタメン出場。3回の第2打席は投手へのゴロを一塁手が失策…

スポーツ フルカウント
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】 全 1 枚 拡大写真
■初回無死一、二塁の好機で迎えた第1打席は二直に倒れる

■ツインズ – エンゼルス(日本時間16日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦で「3番・指名打者」で3試合連続でスタメン出場。3回の第2打席は投手へのゴロを一塁手が失策し出塁となった。

 1点を追う3回2死走者なしで迎えた第2打席。2ボール2ストライクからの5球目を叩いた打球は投手への平凡なゴロとなったが、一塁手のクロンがなぜか二塁方向を見ており送球に反応できず。ボールがファールゾーンに転々とするなか大谷は二塁へ到達した。後続が倒れ生還ならず。

 初回無死一、二塁の好機で迎えた第1打席は内角直球を弾き返したが強烈な二直に倒れた。

 この日の試合前には2日ぶりに投球練習を行った大谷。術後最長115フィート(約35メートル)の距離を取って10球。計75球を投げ「投手・大谷」としてのリハビリも順調に進めている。

 前日の同戦ではメジャー通算100安打を達成し自身5度目、今季初の猛打賞をマークするなど4打数3安打1打点の大活躍。さらに3試合連続マルチ安打、3試合連続打点中と打撃は絶好調だ。(Full-Count編集部)

《Full-count》

アクセスランキング

  1. トヨタの撤退こそ脅威=米輸入車制限を批判―有力紙社説

    トヨタの撤退こそ脅威=米輸入車制限を批判―有力紙社説

  2. 汚部屋を超える衝撃!元オネエ系タレント「GENKING」の部屋がヤバ過ぎると話題に。

    汚部屋を超える衝撃!元オネエ系タレント「GENKING」の部屋がヤバ過ぎると話題に。

  3. 男を“悩殺”夏でも着れる「サマーニット」コーデって?

    男を“悩殺”夏でも着れる「サマーニット」コーデって?

  4. 彼が「彼女の過去を彼が許せる」ようになる瞬間とは?

    彼が「彼女の過去を彼が許せる」ようになる瞬間とは?

  5. 
        「ウィング号」で1か月間座って帰れる「座席指定証」贈呈 京急、クレカ入会で抽選企画

    「ウィング号」で1か月間座って帰れる「座席指定証」贈呈 京急、クレカ入会で抽選企画

ランキングをもっと見る