小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感! | NewsCafe

小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感!

芸能 まいじつ/entertainment
小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感!
小島瑠璃子は今や“国民的嫌われ者”?「第二のベッキー」TV出演に嫌悪感! 全 1 枚 拡大写真

(C)まいじつ 


〝高好感度タレント〟の代表格であった「こじるり」こと小島瑠璃子が、猛烈なスピードで世間から嫌われ始めている。


【関連】小島瑠璃子の“疑惑”に拍車!『キングダム』作者の離婚報告に嫌悪の声 ほか

「ワイドショー番組はノータッチですが、小島は8月3日発売の『週刊ポスト』で、実写映画も大ヒットした人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との熱愛が発覚。その後は『週刊文春』が後追い記事を掲載し、原氏・小島・元妻・元アイドルで泥沼の四角関係にあったことも明かされました」(芸能記者)


原氏は2006年に結婚していたため、小島との熱愛報道には「不倫・略奪愛では?」との指摘が絶えない。これを受け、原氏は9月3日に《私は今年3月に離婚致しました》と公表し、疑惑の沈静化を図った。


しかし、疑惑を払拭するには至らず、ネット上には


《3月に離婚したばかりなのに、7月には若い女とお泊りデート。スパンが短過ぎて略奪を疑われても仕方ないな》

《離婚して、すぐ交際。なので、もう問題ないですって? いや、それを誰が信じるんだよ》

《今年の3月に離婚だと? こんなもん、絶対にこじるりの略奪じゃないかよ!》


などと厳しい声が殺到。小島の好感度は1カ月ほどで急落し、今なお炎上しているような状態にある。


  

「第二のベッキー」襲名へ…


一方、巨大事務所ゆえか仕事への影響はなく、TV等の出演は順調そのもの。9月24日には『VS嵐』(フジテレビ系)に出演し、『アンタッチャブル』や『アンジャッシュ』児嶋一哉といった人気タレントとゲームを繰り広げた。


しかし、不倫・略奪疑惑に対する視聴者の嫌悪感はかなり高いよう。特に同番組は、不倫に敏感である女性層が視聴者に多いこともあり、小島が画面に映るだけで


《こじるり嫌いです あまり出ないで欲しい》

《もうテレビ出なくて良いよ》

《こじるり出てんじゃん 見る気失せた》

《ゲストこじるりか… あんまりいい気はしないな》

《こんなとこ出てないで謹慎しろよ》


などの感想がネット上に噴出していたのだ。


「小島の場合、疑惑の悪質さもさることながら、その後の対応も好感度を下げた要因です。まず、ワイドショー番組では触れられない不気味さ、そしてツイッターで《SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけない》と、原氏の元妻を差し置いて被害者ぶったことも悪手でした。その嫌われぶりは、芸風も含めて〝第二のベッキー〟と言うほかなく、いくら巨大事務所といえど、今後の活動に影響は必至でしょう」(芸能ジャーナリスト)


一部では、原氏とのゴールインも報道されている小島。果たして今後の芸能活動はどうなるのだろうか。




《まいじつ》

アクセスランキング

  1. 『赤い公園』津野米咲さん逝去… アイドルファンからも追悼の声「才能の塊だった」

    『赤い公園』津野米咲さん逝去… アイドルファンからも追悼の声「才能の塊だった」

  2. ファミリーマート、なぜか朝からSMAP推しが集まる事態に

    ファミリーマート、なぜか朝からSMAP推しが集まる事態に

  3. 瀬戸大也の“妻”が不倫騒動にコメント!「夫婦で人格が違い過ぎる」と話題

    瀬戸大也の“妻”が不倫騒動にコメント!「夫婦で人格が違い過ぎる」と話題

  4. 元ブルゾンちえみ“激ヤセ”胸チラのセクシーショット「外国人のモデル並」

    元ブルゾンちえみ“激ヤセ”胸チラのセクシーショット「外国人のモデル並」

  5. 大麻で逮捕されたのに!? 美川憲一“警察の啓蒙活動”参加に疑問の声…

    大麻で逮捕されたのに!? 美川憲一“警察の啓蒙活動”参加に疑問の声…

ランキングをもっと見る