『結婚3年目からレスになり…』大切だけど夫婦がレスになった理由 | NewsCafe

『結婚3年目からレスになり…』大切だけど夫婦がレスになった理由

恋愛 恋愛jp
『結婚3年目からレスになり…』大切だけど夫婦がレスになった理由
『結婚3年目からレスになり…』大切だけど夫婦がレスになった理由 全 1 枚 拡大写真
皆さんは、パートナーとレスの問題に直面したことはありますか?

もし、このような状況になってしまった時、周りにも相談しづらい一面も。

そこで今回のMOREDOORでは、レスになった方々へ当時の状況や今振り返って思うことを聞いてみました。
※当事者の声はさまざまです。あくまで一例として、考えるきっかけになれば幸いです。

夫婦仲はよいけれど……



Kさんの場合


結婚して3年目くらいに生活リズムが合わなくなりました。

最初の頃は毎日好きで夫婦の時間が多かったのですが、仕事の休みが合わなくなり、また帰宅時間も違っていました。
そのためお互い睡眠を大切にするようになり……。

その結果、おのずとそういったことがなくなり1年以上経ちました。

相談しましたが、お互い仕事で忙しく……。
解決はできなかったです。
(24歳/会社員)

Eさんの場合


妊娠・出産してからそういう雰囲気にならず、バタバタ忙しい毎日を過ごしていました。
子どもも小さいので手がかかり、夜は疲れてすぐに寝てしまうという生活。

そのため夜もそれどころではなくなり、そのままになりました。
今は子どもが小さいので、もう少し余裕ができたらにしたいです。
(30歳/パート)

悩んだらパートナーに伝えてみて……


レスを経験したことで、お互いの感情を話し合い、理解することの大切さを認識するきっかけになるのではないでしょうか。
「自分の言動の背景を伝えること」
「相手の言動の背景を理解しようとすること」
この意識を持つことが、新たな関係に繋がる第一歩となるかもしれませんね。






イラスト:華丘侑果
(MOREDOOR編集部)

「妊娠…してるの?」高校2年生で妊娠した娘…→その”まさかの相手”に母卒倒!
結婚して3年。普段は仲のいい夫婦だけれど…→レス状態になった結果
父「結婚はなしになった」娘「な、なんでよ!」勝手に結婚を“破談“させた父…→その当然の理由とは?

《恋愛.jp》

アクセスランキング

  1. KinKi Kids堂本剛、突発性難聴の後遺症による身体への影響告白「負荷がすごくかかっている」音楽活動での苦悩も吐露

    KinKi Kids堂本剛、突発性難聴の後遺症による身体への影響告白「負荷がすごくかかっている」音楽活動での苦悩も吐露

  2. デヴィ夫人、週刊文春らを刑事告訴「極めて悪質」「社会から抹殺されるのではないかとの恐怖感も覚えた」<全文>

    デヴィ夫人、週刊文春らを刑事告訴「極めて悪質」「社会から抹殺されるのではないかとの恐怖感も覚えた」<全文>

  3. 「ママと結婚できなくて残念だったね」母親と距離が近すぎる彼…⇒デートもプレゼントも彼女は”二の次”!?

    「ママと結婚できなくて残念だったね」母親と距離が近すぎる彼…⇒デートもプレゼントも彼女は”二の次”!?

  4. 
        「原子力潜水艦が爆発!」あわや大西洋が死の海に 多くの乗組員を救った“決断”がお咎めナシになったワケとは

    「原子力潜水艦が爆発!」あわや大西洋が死の海に 多くの乗組員を救った“決断”がお咎めナシになったワケとは

  5. 木村拓哉×三代目JSB岩田剛典・今市隆二・ØMI 対談!ライブの舞台裏に迫る!ドラマ裏話も【TOKYO FM】

    木村拓哉×三代目JSB岩田剛典・今市隆二・ØMI 対談!ライブの舞台裏に迫る!ドラマ裏話も【TOKYO FM】

ランキングをもっと見る