JO1河野純喜&與那城奨、母校出場者に感激「ハモネプ」リトグリかれん&なにわ男子・大橋和也の貴重な秘蔵映像も | NewsCafe

JO1河野純喜&與那城奨、母校出場者に感激「ハモネプ」リトグリかれん&なにわ男子・大橋和也の貴重な秘蔵映像も

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
河野純喜、與那城奨(C)フジテレビ
河野純喜、與那城奨(C)フジテレビ 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/05/27】グローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)の河野純喜と與那城奨が、27日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『ハモネプ2023大学日本一決定戦!アカペラ青春フェスSP』(よる9時~)に出演。河野は、母校の出場者の歌声に感激した。また、Little Glee Monsterのかれんと、なにわ男子の大橋和也の貴重な秘蔵映像も放送される。

河野純喜、父との共演はNGの理由

◆「ハモネプ2023大学日本一決定戦!アカペラ青春フェスSP」

楽器を使わず声だけでハーモニーを奏で、アカペラ日本一を競う青春アカペラ甲子園『ハモネプ2023大学日本一決定戦!アカペラ青春フェスSP』。ネプチューンがMCを務めたバラエティー番組『力の限りゴーゴゴー!!』(1999~2002年)の人気企画から始まった『ハモネプ』。今回は、大学の名前をかけて戦う“大学対抗戦”を開催。大学生グループの中から厳選された12グループが“日本一”を目指して、夢のステージで最高のパフォーマンスを披露する。

なお、審査基準はハーモニー、ボーカル、アレンジ、テクニック、リズムをそれぞれ100点で採点。合計500点満点で各ブロック最高得点のチームが決勝に進む。果たして、見事予選を勝ち抜き、アカペラ日本一に輝くのはどこの大学グループか?

そして、本番組のMCは、ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)。進行は、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)と井上清華(フジテレビアナウンサー)が務める。そして、ゲストにアインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)、神田愛花、河野、與那、土屋礼央(RAG FAIR)、Little Glee Monster(かれん、MAYU、ミカ、アサヒ、結海、miyou)を迎え、お送りする。

◆河野純喜、母校出場者に興奮「感慨深い」

観客が見守る中、最初に歌うグループは、神戸大学「ふなで」。2022年にヒットした人気ドラマ木曜劇場『silent』の主題歌であるOfficial髭男dismの『Subtitle』を美しいハーモニーで奏でる。見事に歌いきった「ふなで」の審査結果が発表されると、各基準で高得点を獲得。トップバッターで緊張感漂う中、予想を上回る高得点を残し、ハイレベルな幕開けとなる。

続くは、部員数300人以上という日本最大級を誇るアカペラサークルの同志社大学から代表して、男性だけのグループ「エースナンバー」が登場。SMAPの『SHAKE』を歌った「エースナンバー」のハーモニーに、堀内は「さすが同志社!」と絶賛。そして、同志社大学が母校である河野は、「僕も同志社で…(アカペラサークルが)文化祭で頑張っている姿を見ていたので、まさか皆さんがこのステージで歌う姿を見られる日がくるなんて感慨深いです。めちゃめちゃカッコよかったです!」と興奮。

そして、かわいいダンスがTikTokで大バズりした『可愛くてごめんfeat.ちゅーたん(CV:早見沙織)』(HoneyWorks)や水曜日のカンパネラの『エジソン』、欅坂46の『二人セゾン』など話題曲も続々と登場。さらに、今回は、日本だけでなく韓国から延世(ヨンセ)大学「チンチャ」も参戦。ヨンセ大学は、J.Y.Parkの母校でもあり、韓国では最も古い私立大学である。韓国代表「チンチャ」は、松原みきの『真夜中のドア~Stay With Me』で、日本の舞台へと挑む。

◆與那城奨、Vaundy歌唱出演者に感嘆「素晴らしい歌声」

今回、全国から届いたエントリー動画は、最新ヒット曲やロック、歌謡曲とさまざまな曲が応募された。その中でも特に人気が集中したアーティストがVaundy。Vaundyと言えば、2022年、『第73回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、作詞・作曲・アレンジ・デザイン・映像制作など、自ら手掛ける22歳の天才シンガー。特に若者から絶大な支持を誇るアーティストである。

そんなVaundyのヒット曲で対決するブロックが誕生。挑戦するグループは、昨年放送された前回大会『ハモネプ2022』で優勝し、優勝実績3回という最多記録を持つ立命館大学から、2連覇を狙う「ワンメイト」が『怪獣の花唄』で挑む。與那城は「2連覇ということで、すごく気合を感じました。(歌を聴いて)僕たちもすごく圧倒されて…本当に素晴らしい歌声でした」と感嘆した。

そして、大阪教育大学「れこおど倶楽部」が『踊り子』、中央大学「ブギーウギー」が『花占い』を歌唱。見事なアレンジと高い技術力でオリジナリティーあふれる、新たに生まれ変わったVaundyのハモネプソングに一同絶賛。かれんは、「アレンジがすごい工夫を凝らしていて、おもちゃ箱からいろいろなモノが飛び出してくるような感じがしました」と高評価。

すると、名倉から「かれんちゃんも『ハモネプ』に出たことがあるんだよね?」と聞かれると、「小学生の頃に2回出演させて頂きました(笑)」と過去のエピソードを明かした。当時、かれんが出演した際には、なにわ男子の大橋も一緒に出演しており、ネプチューンも映像を見て、懐かしむ場面も。そんな幼少期のかれんと大橋を捉えた貴重な秘蔵映像も放送される。

◆河野純喜、透き通った歌声放つ出場者に感動

立命館大学から2組目のグループ「ハンドレッド」が登場。歌うのは、公開中の大ヒット映画『THE FIRST SLAM DUNK』の主題歌である10-FEETの『第ゼロ感』。ロックな曲調で難易度が高い楽曲だが、見事に熱いハモネプ魂でカッコ良く歌いきった「ハンドレッド」の歌声に、RAG FAIRの土屋は「ロックだけではできないアレンジ力もあり、素晴らしかったです」と絶賛。そして、アインシュタインの稲田は、「10-FEETさんに代わって、お礼を言わせてください。ありがとうございました!」と歓喜し、深々と頭を下げる稲田の姿に笑いが起きる場面も。

その後、授業で賛美歌を歌うという関西学院大学「うたかるた」は、新海誠監督の映画『すずめの戸締まり』の主題歌であるRADWIMPSの『すずめの涙』を歌唱。美しく透き通った歌声で場内を優しく包み込む。そのハーモニーに與那城も「賛美歌の響きがすごくて、聴いていて心が浄化されました」と感動をあらわにした。また、広島大学「ファンタジア」は、ディズニー映画『リトル・マーメイド』の名曲『アンダー・ザ・シー』で夢の舞台へと挑む。

◆河野純喜&與那城奨「ハモネプ」への熱い想いを語る

今回の収録を終えて、ネプチューンの名倉は、「お客さんもいて緊張感ある中でベストを尽くして歌っている大学生たちの姿を見て、すごく感動しました」とコメント。原田は「今まで以上にパワーアップしていて、今回は韓国から来た大学もいて、本当に大盛況だったと思います」と率直な気持ちを述べた。堀内は「スポーツ番組のような、一つの競技を見ているような気持ちになれると思います。大学対抗ということで“駅伝”みたいな感覚で、各大学を応援しながら、楽しく見てもらえるとうれしいです!」とメッセージを寄せた。

そして、ゲストの河野は、収録を終えて改めて感想を聞いてみると、「めちゃめちゃ熱い戦いになっています。僕自身もたくさんの刺激をもらいました」と心境を明かした。與那城も「どこのグループも素晴らしくて、心を一つにして歌っている姿は本当に心打たれました」と熱い思いを語った。

これまで数々の熱戦を繰り広げてきた青春アカペラ甲子園『ハモネプ』。歌に青春をかける大学生たちの熱い気持ちをのせて、美しいハーモニーとともに、夢の舞台で最高のパフォーマンスが繰り広げられる。新たな大学日本一が決定する。(modelpress編集部)

◆ネプチューンコメント

Q:収録を終えての感想をお願い致します

名倉「お客さんもいて緊張感ある中でベストを尽くして歌っている大学生たちの姿を見て、すごく感動しました。また、僕らやゲストの皆さんが座っていた席も(前まで席の間にあったコロナ感染対策の)アクリル板がなくなり、距離も近く感じることができましたし、気持ちよく歌を聴くことができて、本当に良かったです」

原田「お客さんもいっぱい入って頂いて、すごく昔の『ハモネプ』を思い出しました。そんな中、レベルはさらに上がっていて、今まで以上にパワーアップしているな、と思いました。また、今回は日本の大学だけでなく、韓国から来た大学もいて、本当に大盛況だったと思います」

堀内「毎回、本当に盛り上がって、熱気がすごかったです。(コロナ感染対策の)アクリル板がなくなり、観客を入れて開催することで、会場の士気が上がり、全体のレベルが上がったことにもビックリしました。また、出場している大学生たちのご家族も見に来られていて、そんなご家族の皆さんが、ご自身の息子さんや娘さんが出ていないグループのことも応援していて、その姿を見て、うれしい気持ちになりました」

Q:特に印象に残っているグループはありますか?

名倉「韓国から来てくれたヨンセ大学の“チンチャ”というグループが、日本の歌を歌っているのが驚きました。日本語で上手に歌っていて、すごく感動しました。YouTubeを見て応募してくれたみたいですが、韓国でもこの番組が知られているということがすごくうれしかったです」

原田「アニメのブロックがあるんですが、“すごくいいな~”と思いました。映画『THE FIRST SLAM DUNK』や『すずめの戸締まり』、『リトル・マーメイド』がありましたけど、聴いていてワクワクしました。僕は、『THE FIRST SLAM DUNK』まだ見ていないんですけど…(笑)、今回聴いて、すごく見に行きたくなりました!」

堀内「どのグループもよかったですが、特に立命館大学の“ワンメイト”がすごかったです。素人的感覚かもしれないですが、声がよく通っていて、迫力がありました。前回(2022年12月24日放送)優勝した立命館が今回2グループ出場していますが、両グループともにすごかったです。立命館って100組ぐらいのハモネプグループがあって、その中を切磋琢磨(せっさたくま)し、勝ち抜いてきただけあって、すごく仕上がっていたと思います」

Q:視聴者の皆さんに向けてメッセージをお願い致します

名倉「大学生たちの熱い戦いは、老若男女問わず、家族みんなで見られる番組なので、是非テレビの前で楽しんでご覧頂けるとうれしいです」

原田「『ハモネプ』を楽しんで見てもらって、一人でも“自分たちもハモネプをやりたい!”と思ってくれる方がいてくれたら本当にうれしいです。是非、放送を楽しみにしていて下さい!」

堀内「歌唱ブロック以外のトーク部分でもバラエティー要素が盛りだくさんです。さらに、番組全体がスポーツ番組のような、一つの競技を見ているような気持ちになれると思います。大学対抗ということで“駅伝”みたいな感覚で、各大学を応援しながら、楽しく見てもらえるとうれしいです!」

◆河野純喜&與那城奨コメント

Q:収録を終えての感想をお願い致します

河野「すごく楽しかったです!ハイレベルな戦いを目の前で見られて、本当に最高でした。また、今まで視聴者としてテレビで見ていた『ハモネプ』にゲストとして出演させて頂き、そして、審査もさせて頂き、すごく貴重な経験となりました。実際に目の前で見ると、迫力も違って本当にすごかったです」

與那城「年々レベルが上がっている中、どのグループも素晴らしくて、本当に感動させられる歌がたくさんありました。お客さんの前で歌うのは、すごく緊張すると思うのですが、そんな中でも、皆さん、心を一つにして歌っている姿は本当に心打たれました」

Q:特に印象に残っているグループはありますか?

河野「韓国ヨンセ大学の“チンチャ”ですかね。日本語で歌っているのがすごかったです。そんな中、ハモりもキレイで、すごく良かったです。また、個人的には、僕の母校である同志社大学の“エースナンバー”が出ているのは、めちゃくちゃうれしかったです。僕も学生時代、アカペラサークルに入ろうかな、と思っていた時期があったので…同志社大学が出ているってだけで、すごくテンションが上がりました。皆さんが奏でる美しいハーモニーは僕にとって、本当に最高のステージでした」

與那城「関西学院大学“うたかるた”さんの『すずめの涙』ですかね。普段、授業で賛美歌を歌っているとお話されていましたが、そんな彼らが歌う美しいハーモニーがすごく曲調に合っていて良かったです。あと、間のトーク部分も面白くて、アインシュタインの稲田さんとの掛け合いも見どころの一つだと思います(笑)」

Q:視聴者の皆さんに向けてメッセージをお願い致します

河野「めちゃめちゃ熱い戦いになっています。僕自身、たくさんの刺激をもらいました。是非、皆さんも一緒に熱く盛り上がりましょう!」

與那城「予選から始まり決勝に至るまで、大学生の皆さんの熱い思いが詰まっていて、その思いをのせた歌というのは、見ている人を感動させてくれると思います。彼らの熱量を『ハモネプ』で感じて頂き、そして楽しんでご覧頂けたらうれしいです!」

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. TBS上村彩子アナ、結婚発表 お相手は「職場で出会った、仕事に対して真摯でとても誠実な人」

    TBS上村彩子アナ、結婚発表 お相手は「職場で出会った、仕事に対して真摯でとても誠実な人」

  2. 結婚が白紙に!?衝撃的なカミングアウトの翌日、さらなる事件が! 実話マンガ・オトナ婚リバイバル#33

    結婚が白紙に!?衝撃的なカミングアウトの翌日、さらなる事件が! 実話マンガ・オトナ婚リバイバル#33

  3. 元頂き女子りりちゃん、獄中で書いている日記がエグい「さすが詐欺師……」「簡単に騙されすぎ!」

    元頂き女子りりちゃん、獄中で書いている日記がエグい「さすが詐欺師……」「簡単に騙されすぎ!」

  4. ローソン49周年、超絶お得な「創業祭福袋」税込1,080円が意外と残ってる?その理由とは

    ローソン49周年、超絶お得な「創業祭福袋」税込1,080円が意外と残ってる?その理由とは

  5. サーティワン、よくばりフェス再開も「オーダーストップ早すぎ」「告知して欲しい」との声

    サーティワン、よくばりフェス再開も「オーダーストップ早すぎ」「告知して欲しい」との声

ランキングをもっと見る