宮世琉弥、ツンデレ役の参考にした人物明かす「勝手に盗んでました」<恋わずらいのエリー> | NewsCafe

宮世琉弥、ツンデレ役の参考にした人物明かす「勝手に盗んでました」<恋わずらいのエリー>

芸能 モデルプレス/ent/movie
「恋わずらいのエリー」バレンタインスペシャルイベントに出席した宮世琉弥(C)モデルプレス
「恋わずらいのエリー」バレンタインスペシャルイベントに出席した宮世琉弥(C)モデルプレス 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2024/02/13】俳優の宮世琉弥が13日、都内で行われたW主演を務める映画『恋わずらいのエリー』(3月15日公開)バレンタインスペシャルイベントに出席。役作りについて語った。

【写真】宮世琉弥が“ツンデレ”参考にした人物

◆宮世琉弥、胸キュンシーン裏話明かす

表では爽やか男子だが、実は口が悪いウラオモテ男子という2面性がある近江章(通称:オミくん)を演じる上で意識したことを聞かれた宮世は「役作りに意識したのは、三木監督なんです」と三木康一郎監督を意識したと告白。「監督がすっごいツンデレで、これオミくんの裏に活かせそうだなと思って、 勝手に監督のツンデレ感を盗んでました」と打ち明けた。

また、原菜乃華も「甘いものがお好きで、『おすすめ教えてください』『食べたいな』って言うと、『嫌だよ』『自分で買えよ』って言うんですけど、次の現場には絶対に持ってきてくれる」と三木監督の“ツンデレ”ぶりを明かし、宮世が「役作りでは本当にそういうツンデレ部分を真似させていただいた部分もあります」と語った。

イベントには宮世、原、三木監督のほか、原菜乃華、Lil かんさい/関西ジュニアの西村拓哉、白宮みずほ、藤本洸大、綱啓永、が出席した。

◆宮世琉弥&原菜乃華W主演「恋わずらいのエリー」

原作は、2011年にデザート新人漫画大賞優秀賞でデビューした藤ももの初連載作である同名コミック。学校イチのさわやか王子でありながら、実は口の悪いウラオモテ男子・オミくんこと近江章を宮世が、オミくんを眺めつつ日々妄想をSNSでつぶやく妄想大好き女子・エリーこと市村恵莉子を原が演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 
        「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか

    「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか

  2. 
        なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?

    なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?

  3. 森香澄、テレ東退社直後に写真集オファー 1000人超のファン来場<すのかすみ。>

    森香澄、テレ東退社直後に写真集オファー 1000人超のファン来場<すのかすみ。>

  4. 鷲見玲奈、産休入りを「ズムサタ」で生報告「元気に産んでパワーアップして帰ってきます」

    鷲見玲奈、産休入りを「ズムサタ」で生報告「元気に産んでパワーアップして帰ってきます」

  5. 有村架純、“好きな人”前に涙する過去映像が話題 握手後に「手洗わない」発言も

    有村架純、“好きな人”前に涙する過去映像が話題 握手後に「手洗わない」発言も

ランキングをもっと見る