<ラストマン-全盲の捜査官- 第7話>皆実、スパイ疑惑の女性に“一目惚れ”してしまう | NewsCafe

<ラストマン-全盲の捜査官- 第7話>皆実、スパイ疑惑の女性に“一目惚れ”してしまう

社会 ニュース
福山雅治「ラストマン-全盲の捜査官-」第7話より(C)TBS
福山雅治「ラストマン-全盲の捜査官-」第7話より(C)TBS 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/06/04】俳優の福山雅治が主演を務めるTBS系日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』(毎週日曜よる9時~)の第7話が、4日に放送される。

【写真】福山雅治“デビュー前”の宣材写真イケメンすぎる

◆福山雅治主演「ラストマン-全盲の捜査官-」

本作は、主演の福山演じるアメリカから期間限定で交換留学生として来日したFBI(アメリカ連邦捜査局)特別捜査官・皆実広見と、俳優の大泉洋演じる皆実のアテンドを命じられた警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗が凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく、新時代の痛快なバディドラマ。

脚本を担当するのは、日曜劇場で数々の極上のドラマを紡いできた黒岩勉氏。サスペンスミステリーの名手である黒岩氏による、予想のつかない目まぐるしい展開が繰り広げられる。

福山、大泉のほか、永瀬廉(King & Prince)、今田美桜、吉田羊、上川隆也、王林らが出演する。

◆「ラストマン-全盲の捜査官-」第7話あらすじ

皆実(福山)は心太朗(大泉)を伴い、両親の墓参りをしていた。

同じ頃、ふ頭で白骨化した老人の遺体が発見され、佐久良(吉田)班が臨場する。遺体は3年前から行方不明の資産家の老人。そして、容疑者として浮上したのが、40歳差の妻・葛西亜理紗だった。しかも、彼女は以前も歳の離れた男性と結婚しており、離婚後に相手男性は失踪していた。加えて、亜理紗はアメリカの大使館からスパイの可能性があると疑われていた。

さっそく皆実たちは亜理紗に事情を聞きに行くが、そこで皆実は予想外な反応をする。亜理紗に好意を持ってしまうのだ。そして「彼女は犯人ではない」と断言する。

はたして、事件を解決に導くことはできるのか?

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 「あぁ、だからこの人は独身なんだ」男性が納得してしまった40代女性の特徴3例(前編)

    「あぁ、だからこの人は独身なんだ」男性が納得してしまった40代女性の特徴3例(前編)

  2. クロちゃん、恋人・リチとの結婚に不安?「相手のこと考えてない」みちょぱから鋭いツッコミも

    クロちゃん、恋人・リチとの結婚に不安?「相手のこと考えてない」みちょぱから鋭いツッコミも

  3. 松村沙友理、松井珠理奈の“苦悩”知り涙「アイドル全員幸せになってほしい」

    松村沙友理、松井珠理奈の“苦悩”知り涙「アイドル全員幸せになってほしい」

  4. チェ・ジョンヒョプ&山本美月ら表参道に集結「トミー ヒルフィガー」爽やかに着こなす

    チェ・ジョンヒョプ&山本美月ら表参道に集結「トミー ヒルフィガー」爽やかに着こなす

  5. 西島秀俊、5月末で所属事務所退所&独立を発表 22年間の日々は「かけがえのない宝物」<全文>

    西島秀俊、5月末で所属事務所退所&独立を発表 22年間の日々は「かけがえのない宝物」<全文>

ランキングをもっと見る