<だが、情熱はある 第9話>山里、しずちゃんへの妬みピーク到達 春日の“ピンクベスト”誕生も | NewsCafe

<だが、情熱はある 第9話>山里、しずちゃんへの妬みピーク到達 春日の“ピンクベスト”誕生も

社会 ニュース
森本慎太郎、富田望生「だが、情熱はある」第9話より(C)日本テレビ
森本慎太郎、富田望生「だが、情熱はある」第9話より(C)日本テレビ 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/06/04】King & Princeの高橋海人(※「高」は正式には「はしごだか」)とSixTONESの森本慎太郎がW主演を務める日本テレビ系ドラマ『だが、情熱はある』(毎週日曜よる10時30分~)の第9話が、4日に放送される。

【写真】King & Prince高橋海人が涙「こんな無力感は、なかなかない」

◆高橋海人&森本慎太郎W主演「だが、情熱はある」

本作はオードリー・若林正恭と南海キャンディーズ・山里亮太の2人の半生を描く、実話に基づいた感動ドラマ。若林役を高橋、山里役を森本が演じる。

◆「だが、情熱はある」第9話あらすじ

2006年、いまだ日の目を見ないオードリー・若林正恭(高橋海人)は、ネタ番組の放送作家からひょんな指摘を受ける。「なんであっちの子がツッコミやってるの?」…毎度毎度、的を射ないズレたツッコミを繰り返す相方・春日(戸塚純貴)のことを、「あんなにツッコミが下手なヤツは見たことがない」とポンコツ呼ばわりされてしまい、若林は改めて自分たちのトークライブの映像をチェックしてみる。

なるほど、指摘された通り春日のツッコミはズレてばかりだ…ん?でもこのズレって…そのまま漫才に使えるんじゃないのか…?自分のボケに春日がズレたツッコミをして、それにまた自分がツッコむ…この流れを1本の漫才にすれば…「いけるぞ俺ら、売れるぞ!」。

誰も見たことのない『ズレ漫才』を思いついた若林は急いで春日に伝えるが、「どういうことですか?」と春日はチンプンカンプンで、理解してくれるのは智子(中田青渚)だけ。それでも胸の高鳴りがやまない若林は、父・徳義(光石研)に「年末、見ててよ」と、M-1で結果を出すと宣言するが…。

一方、大阪で活躍する南海キャンディーズ・山里亮太(森本慎太郎)としずちゃん(富田望生)のコンビ仲は最悪の状態。コンビとして劇場やテレビの仕事をこなす傍ら、しずちゃんだけに雑誌やドラマのオファーがくることに不満を募らせる山里は、しずちゃんと目を合わせようともせず、ロケ中もしずちゃんのボケを無視。

さらに、マネージャー・高山(坂井真紀)から「東京に行けば、もっと全国に2人を売っていける」と活動拠点を東京に移してみないかと打診された山里は、不安な気持ちをしずちゃんではなく花鈴(渋谷凪咲)に相談して…。

そんな中、しずちゃんが出演する映画『フラガール』が公開され、映画は大ヒット。役者としても注目を浴びていくしずちゃんを見て、山里の妬みはピークに到達する…。

迷走する山里があの舞台で大失態。片や若林はようやく覚醒。ピンクベストに七三分けにズレ漫才…苦汁をなめ続けてきたオードリーに歓喜の時が訪れる。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 私「残業してもいいですか?」社長「それってさ…」仕事に追われ業務が終わらず…→すると、社長が!?

    私「残業してもいいですか?」社長「それってさ…」仕事に追われ業務が終わらず…→すると、社長が!?

  2. SUPER EIGHT安田章大、活動再開を発表 包帯姿で生報告「身体も心も元気にしています」

    SUPER EIGHT安田章大、活動再開を発表 包帯姿で生報告「身体も心も元気にしています」

  3. 山本舞香、マイファスHiroとの熱愛報道後初X更新 ハートの絵文字も

    山本舞香、マイファスHiroとの熱愛報道後初X更新 ハートの絵文字も

  4. マツコの知らない世界、ナレーターの玄田哲章さんお休みで心配の声が広がる

    マツコの知らない世界、ナレーターの玄田哲章さんお休みで心配の声が広がる

  5. 台湾でマッサージ店に行くも、言葉が通じず困惑…すると、救世主が登場!?

    台湾でマッサージ店に行くも、言葉が通じず困惑…すると、救世主が登場!?

ランキングをもっと見る