柳楽優弥主演「ガンニバル」続編制作決定 笠松将・吉岡里帆ら続投で完結へ | NewsCafe

柳楽優弥主演「ガンニバル」続編制作決定 笠松将・吉岡里帆ら続投で完結へ

社会 ニュース
柳楽優弥「ガンニバル」特別ビジュアル(C)2023 Disney
柳楽優弥「ガンニバル」特別ビジュアル(C)2023 Disney 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/09/21】俳優の柳楽優弥が主演を務めるディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて、「スター」で独占配信中の日本発オリジナルシリーズ『ガンニバル』シーズン2の制作が決定した。

【写真】柳楽優弥が“堂本剛愛”を熱弁「銀魂」共演で惚れ直す

◆柳楽優弥主演「ガンニバル」

昨年末、ディズニープラス「スター」日本発オリジナルシリーズとして実写ドラマ化された戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』。累計発行部数350万部を超える二宮正明が放つ衝撃のサスペンスコミックを、日本を代表するキャスト・スタッフが集結し実写化。

配信がスタートすると、外界と隔絶した山間部のロケーションのもと、ミステリアスにして濃密な心理描写と、ダイナミックなカメラワークが生むサスペンス&アクションを融合させた映像世界が大きな話題に。衝撃的なストーリー展開と一度観たら逃れられない強烈な没入感は、SNS上でも大きな盛り上がりを見せ、多くの熱狂的なファンを生み出した。

◆「ガンニバル」続編制作決定 笠松将・吉岡里帆ら続投

最終話配信直後から、続編を望む声が多く上がっていた本作だが、この度シーズン2の制作が決定。謎に包まれている供花村の隠された真実が明らかとなる完結編が描かれる。制作決定とあわせ、世界で高い評価を得たキャスト・スタッフの続投も決定した。

狂気じみた一面を見せる主人公の警察官・阿川大悟役の柳楽をはじめ、供花村を支配する後藤家の次期当主・後藤恵介役の笠松将、大悟の妻・阿川有希役の吉岡里帆らキャスト陣に加え、前作で監督を務めた片山慎三、脚本の大江崇允、プロデューサーの山本晃久らスタッフ陣も続投し、スタッフに新たな顔ぶれが加わり、さらに壮大なスケールに。

前作では、都会から遠く離れた山間にある供花村で、「……この村では、人が喰われているらしい」という信じがたい噂の真相が徐々に明らかになり、大悟がある真実にたどり着く寸前のところで幕を閉じた。シーズン2では、この村に隠されたすべての真実がついに明らかとなる。

◆柳楽優弥「新たな風を吹かせたい」

シーズン2制作決定にあたりキャスト・スタッフよりコメントが到着。主演の柳楽は、「前作の世界観はありつつも、影響力を持つ作品だと思うので今回もイノベーティブに作品が持つ力強さだったり、クリエイター、製作陣、スタッフ、キャストとエネルギーがたくさんあるこのチームで新たな風を吹かせたいなと思っています」とシーズン1のチームとの新たな撮影に意欲を見せており、笠松は「また後藤家に帰ることができて、心から幸せです。シーズン1を超えるスケールの作品を皆様にお届けできるよう、安全第一で現場に臨みたいと思います。もうしばらくお待ちください」と本作へ再び出演できる喜びとともに、前作超えを目指すと宣言。

さらに、吉岡は「ついにシーズン2が始動します。大変ありがたいなと思っていました」と前作配信時の反響を明かしつつ、「『ガンニバル』は後半にかけてさらに盛り上がっていく作品だと思っているので出演者の1人として、そして『ガンニバル』ファンとしてもワクワクしています。とはいえ、まずは撮らなければなのですが(笑)」と、撮影前からすでに出演者としてもファンとしても作品への期待が高まっている様子が伝わってくる。

監督も、キャストたちに負けないぐらい続編に気合が入っており、「前回で、明らかになった供花村の秘密が、その呪いが、より深く、より広がっていく様を描いて行けたらと思っております」とシーズン2への強い決意を感じさせるコメント。また、脚本の大江も「『ガンニバル』は愛に関する物語なのかもしれません。決してホラーやスプラッターではありません。今回はこれにアクションが加わりました」とより一層大きなスケールかつ深みのある物語を楽しんでほしいと語った。

さらに、原作者の二宮は「あんな終わり方しといて、シーズン2、、もうないんだろうなと思っていた皆様、同感です!僕ももう諦めておりましたがまさかのシーズン2!!」と続編への喜びを明かし、「今回漫画にはなかった展開もありそうなのでより一層いち視聴者として楽しみにしております!『ガンニバル』万歳!!!!」と本作がオリジナルの要素が盛り込まれることを明かしつつ、視聴者としても完成を楽しみにしているようだ。

◆「ガンニバル」特別ビジュアル&特別映像解禁

制作決定にあわせ、特別ビジュアル&特別映像が解禁。解禁されたビジュアルは、『ガンニバル』の世界観をイメージした赤黒の色調で、“これで、終わらせる、すべてを”という、大悟の強烈な意志を感じさせる強いメッセージとともに、狂気さをにじませつつ鋭い眼光を放つ大悟の姿が描かれている。

また、シーズン1で大悟の印象的なセリフ「ボケカスが!」とともに始まる映像は、終始聞こえてくる大悟の呼吸音が不穏さを感じさせ、最後には供花村に潜む謎の存在“あの人”の姿も。作品への期待が非常に高まる映像となっている。(modelpress編集部)

◆柳楽優弥/阿川大悟役コメント

まずはシーズン2の制作が決まり嬉しいです。前作の世界観はありつつも、影響力を持つ作品だと思うので今回もイノベーティブに作品が持つ力強さだったり、クリエイター、製作陣、スタッフ、キャストとエネルギーがたくさんあるこのチームで新たな風を吹かせたいなと思っています。

ただ、冷静に目標達成を目指しつつもエンタテイメントとして作品に関わっているということを忘れずに、長期間の撮影みんなで集中して良いものを作りたいなと思います。期待して待っていてください。

◆笠松将/後藤恵介役コメント

また後藤家に帰ることができて、心から幸せです。シーズン1を超えるスケールの作品を皆様にお届けできるよう、安全第一で現場に臨みたいと思います。もうしばらくお待ちください。

◆吉岡里帆/阿川有希役コメント

ついにシーズン2が始動します。前作が公開されてから大きな反響を頂き大変ありがたいなと思っていました。シーズン2では謎に包まれていた後藤家の全貌と、人喰い村と言われる所以、歴史が描かれていきます。『ガンニバル』は後半にかけてさらに盛り上がっていく作品だと思っているので、出演者の1人として、そして『ガンニバル』ファンとしてもワクワクしています。とはいえ、まずは撮らなければなのですが(笑)。

供花村の闇に飲み込まれそうで飲み込まれない私達強靭な家族の絆を、シーズン2でもお見せ出来ればなと思っています。楽しみに待っていて下さい!

◆片山慎三監督コメント

シーズン1を、ご覧になった皆様大変お待たせいたしました。前回で、明らかになった供花村の秘密が、その呪いが、より深く、より広がっていく様を描いて行けたらと思っております。さらにスケールアップした世界観を楽しんで貰えたら嬉しいです。

◆大江崇允(脚本)コメント

『ガンニバル』は愛に関する物語なのかもしれません。決してホラーやスプラッターではありません。今回はこれにアクションが加わりました。もしホラーが苦手で敬遠されていた方はこれを機に是非原作を読んで頂き、よろしければシーズン1からご覧になって下さい。

◆二宮正明(原作者)コメント

あんな終わり方しといて、シーズン2、、もうないんだろうなと思っていた皆様、同感です!僕ももう諦めておりましたがまさかのシーズン2!!今回漫画にはなかった展開もありそうなのでより一層いち視聴者として楽しみにしております!『ガンニバル』万歳!!!!

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 「あぁ、だからこの人は独身なんだ」男性が納得してしまった40代女性の特徴3例(前編)

    「あぁ、だからこの人は独身なんだ」男性が納得してしまった40代女性の特徴3例(前編)

  2. チェ・ジョンヒョプ&山本美月ら表参道に集結「トミー ヒルフィガー」爽やかに着こなす

    チェ・ジョンヒョプ&山本美月ら表参道に集結「トミー ヒルフィガー」爽やかに着こなす

  3. Number_i、3人で初TVCM出演「マクドナルド」での思い出・完璧なダンス&絶妙な掛け合いも披露

    Number_i、3人で初TVCM出演「マクドナルド」での思い出・完璧なダンス&絶妙な掛け合いも披露

  4. 鳥居みゆき、離婚のきっかけは“送信ミス”「気が気じゃなくて」

    鳥居みゆき、離婚のきっかけは“送信ミス”「気が気じゃなくて」

  5. 杉咲花、「アンメット」初回放送の反響明かす「そのままでいられることが素敵なこと」

    杉咲花、「アンメット」初回放送の反響明かす「そのままでいられることが素敵なこと」

ランキングをもっと見る