「下剋上球児」“本人たちが書いた”嘆願書が「解釈一致」「気持ち伝わる」と話題に | NewsCafe

「下剋上球児」“本人たちが書いた”嘆願書が「解釈一致」「気持ち伝わる」と話題に

社会 ニュース
「下剋上球児」第6話より(C)TBSスパークル/TBS 撮影:ENO
「下剋上球児」第6話より(C)TBSスパークル/TBS 撮影:ENO 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/11/21】俳優の鈴木亮平が主演を務めるTBS系日曜劇場『下剋上球児』(毎週日曜よる9時~※この日は野球中継のため22時10分~)の公式X(旧Twitter)が20日に更新された。19日放送の第6話で登場した嘆願書が公開され、話題を呼んでいる。<※ネタバレあり>

【写真】「下剋上球児」イケメンキャストたちの達筆文字

◆「下剋上球児」“本人たちが書いた”嘆願書が話題に

第6話では、南雲脩司(鈴木)の処分を軽くするよう求める署名活動が行われ、その中で嘆願書が登場。その日の投稿では、「6話で出てきた嘆願書!球児の名前は、実際に本人達が書いています」「他の名前は、スタッフ一同で書きました」「南雲先生への思いが込められてます!」と嘆願書が公開された。球児たちの名前・住所が書かれた書類や、同学校の先生が制作した書類は、それぞれ字のサイズや癖が違い、思いが詰まったものとなっている。

この投稿に対して、ファンからは「犬塚くん(中沢元紀)が達筆なの解釈一致」「字まで役作りしてるのかってくらい想像通りだった」「気持ちが伝わる嘆願書だな」といった声が多数寄せられている。

◆鈴木亮平主演「下剋上球児」

高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメント。2018年に三重県の公立高校・白山高校が甲子園に初出場するまでの軌跡を描いた「下剋上球児」(カンゼン/菊地高弘 著)にインスピレーションを受け企画。登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションで描かれる。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 吉高由里子、天才だと思う芸能人明かす「光る君へ」で共演中

    吉高由里子、天才だと思う芸能人明かす「光る君へ」で共演中

  2. 田中美久、豊満バスト溢れるセクシーショット「BUBKA」でHKT48卒業後初の水着姿披露

    田中美久、豊満バスト溢れるセクシーショット「BUBKA」でHKT48卒業後初の水着姿披露

  3. 平野紫耀「俺かっこいいじゃん」新ビジュアルを自画自賛 2024年の目標明かす

    平野紫耀「俺かっこいいじゃん」新ビジュアルを自画自賛 2024年の目標明かす

  4. 「ナイトブラって必要?」“着心地重視”の人におすすめしたい下着とは

    「ナイトブラって必要?」“着心地重視”の人におすすめしたい下着とは

  5. 1年間の「キャリア採用者」は約500名!新たな風を吹かせ、変革を進めるMUFGの組織風土に迫る 【ダイバーシティ経営とキャリア採用】

    1年間の「キャリア採用者」は約500名!新たな風を吹かせ、変革を進めるMUFGの組織風土に迫る 【ダイバーシティ経営とキャリア採用】

ランキングをもっと見る