ライフスタイルホテル「ライフ銀座東京」コワーキングエリア、キッチンにカフェバー…充実の共有エリア | NewsCafe

ライフスタイルホテル「ライフ銀座東京」コワーキングエリア、キッチンにカフェバー…充実の共有エリア

社会 ニュース
ライフ銀座東京/画像提供:アスコットジャパン
ライフ銀座東京/画像提供:アスコットジャパン 全 1 枚 拡大写真
【女子旅プレス=2023/12/03】ソーシャル&ライフスタイルホテルブランド「ライフ(lyf)」の東京初進出となる「ライフ銀座東京」が、東京・銀座エリアに開業した。

【写真】堀内果実園のくだものカフェ、東京スカイツリータウン・ソラマチに誕生

◆東京初進出の「ライフ(lyf)」とは

シンガポールやタイで展開している「ライフ」は、宿泊利用のみならず、シェアスペースを仕事や交流の場として使うなど、誰もが気軽に集うことができ、コミュニティの輪が自然と広がっていく空間を提供するソーシャル&ライフスタイルブランド。

ブランド名称の“lyf”は「Live Your Freedom(あなたらしく自由に生きる)」に由来している。

◆銀座に集う人々のソーシャルスペースに「ライフ銀座東京」

日本では福岡・天神の「ライフ天神福岡」に続く2拠点目となる「ライフ銀座東京」は、総室数140室。

オフィス街である東京メトロ京橋駅や宝町駅から徒歩1分、東京の玄関口として多くの人々が利用する東京駅へも徒歩7分とアクセスが良い場所に立地している。
客室は、自分だけの時間を楽しむ1名用~3名用までニーズに合わせて選択が可能。
室内に施されたアーティストたちにより特別に創作されたグラフィックデザインは、ここでの滞在と銀座をテーマに描かれており、国際色豊かな銀座での滞在をより一層楽しいものにしてくれる。館内は、東京メトロ銀座線のカラー「オレンジ」を模してデザインされており遊び心も光る。
また、ライフの象徴ともいえるソーシャルスペースには、コワーキングラウンジ「CONNECT」、ソーシャルキッチン「BOND」、ランドリールーム「WASH&HANG」、ジム「BURN」、カフェ&バー「REFUEL+(リフュールプラス)」を完備。

「REFUEL+」については宿泊ゲスト以外の外来利用も可能と、宿泊利用のみならず、シェアスペースを仕事や交流の場として使うなど、誰もが気軽に集うことができ、コミュニティの輪が自然と広がっていく空間を提供する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ライフ銀座東京
住所:東京都中央区京橋2丁目5-4
付帯施設:CONNECT(コワーキング/ラウンジ)、BOND(ソーシャルキッチン)、WASH&HANG(コインランドリー)、REFUEL+(カフェ&バー)他

情報:The Ascott Limited

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 
        「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか

    「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか

  2. 森香澄、テレ東退社直後に写真集オファー 1000人超のファン来場<すのかすみ。>

    森香澄、テレ東退社直後に写真集オファー 1000人超のファン来場<すのかすみ。>

  3. バイトなのに初出勤から1人で対応!?…→意外にもうまくいった理由とは?

    バイトなのに初出勤から1人で対応!?…→意外にもうまくいった理由とは?

  4. チョコプラ松尾「好きな人いると思うんですよ」成功すると思う副業のアイディア明かす

    チョコプラ松尾「好きな人いると思うんですよ」成功すると思う副業のアイディア明かす

  5. 
        なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?

    なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?

ランキングをもっと見る