田中圭&林遣都「おっさんずラブ-リターンズ-」クランクイン 腕組み・ハグ…開始1秒で“はるたん&牧”降臨 | NewsCafe

田中圭&林遣都「おっさんずラブ-リターンズ-」クランクイン 腕組み・ハグ…開始1秒で“はるたん&牧”降臨

社会 ニュース
田中圭、林遣都(C)テレビ朝日
田中圭、林遣都(C)テレビ朝日 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/12/04】俳優の田中圭と林遣都が、2024年1月5日スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』(毎週金曜よる11時15分~、全9話)のクランクインを迎えた。

【写真】田中圭&林遣都、夕暮れで腕組みショット

◆「おっさんずラブ-リターンズ-」本格始動 田中圭&林遣都クランクイン

“平成最後のピュアラブストーリー”と言われ、国内外で社会現象を巻き起こした『おっさんずラブ』から5年。続編『おっさんずラブ-リターンズ-』では、アラフォーになった“はるたん”こと春田創一(田中)&牧凌太(林)の“夢の新婚生活”が描かれる。

しかも彼らの新居に早期退職して再就職を果たした家政夫のムサシさん…黒澤武蔵(吉田鋼太郎)も乱入し、“渡る世間は鬼ばかり状態”の嫁姑バトルが勃発?本作は、春田と牧、そして武蔵が、周りの人々を巻き込みながら、家族や結婚とは一体何なのか、新しい“愛のカタチ”を模索していく“爆笑胸きゅんホームドラマ”だ。

初回放送に向けて、注目を集めている本作がついに本格始動。田中&林がクランクインした。初日から現場は和気あいあい。早くも“おっさんずワールド”が炸裂する撮影となった。

◆田中圭&林遣都にスタッフから拍手と「おかえり」の声

撮影が行われたのは成田空港。春田が、シンガポール勤務を経て帰国する牧を迎えに行くというシーンからスタートした。晴れて“新婚ふうふ”となった2人は、遠距離恋愛を乗り越えて一体どんな再会を果たすのか。

2人が現場に現れると、スタッフたちから拍手と「おかえり!」の声が。ニヤニヤとはにかみ笑顔で迎えたクランクイン。おっさんずチームらしい和気あいあいとした空気にほっこり。撮影中も、合間ではずーっとおしゃべりに花が咲く田中と林。しかし、本番となると一転。2人はお互いの撮影シーンを真剣な表情で見守る。そうかと思えば、写真撮影タイムには「ただいま~!」と言いながらカメラにピースを向けるなど、まさにメリハリのつけ方まで息ピッタリ。

その後、“夕陽の中でハグをする”シーンの撮影では、おなじみのアドリブも炸裂。“聖地”とも言える2018年の連続ドラマにも登場した思い出のロケ地での撮影に、当時の思い出を回顧し、自分たちでシーン再現し始める田中と林。でも記憶はぐだぐだでスタッフたちも爆笑?リハーサルが終わった瞬間「うわー!ひさびさに遣都と芝居したって感じだ!」と笑顔を輝かせた田中。一体どんなシーンに仕上がったのか。

情報解禁時のインタビューでは、「プレッシャーがすごい」と言っていた2人だが、そんな心配はどこへやら、初日からすっかり“はるたん&牧”そのものだった。

◆田中圭・吉田鋼太郎・林遣都、こたつでぬくぬくSP動画公開中

TVer、ABEMA、テレ朝動画、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、すべて無料ページで、田中&吉田&林がぬくぬくしながら爆笑トークを繰り広げる『こたつトーク』第1弾を公開中。

再集結に向けた思いや、前作での忘れられないエピソード、初対面での印象を暴露するほか、「一緒に暮らすなら誰がいい?」「得意な家事は?」など、3人の本音や意外な素顔が明らかになる貴重なトークが満載。

さらに、12月5日には、田中、吉田、林をはじめ、内田理央、眞島秀和、大塚寧々、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉らおなじみのレギュラーメンバー、そして新キャストの井浦新、三浦翔平が“雪ビジュアル”を撮影した際のメイキング映像&インタビューも公開。撮影の裏側をたっぷり楽しめる内容になっている。(modelpress編集部)

◆田中圭(春田創一役)コメント

― いよいよクランクインとなりましたが、今のお気持ちをお聞かせください。

久しぶりに“牧がいる”感覚を味わって、懐かしいなとテンションが上がりました。これから続々とほかのキャストの皆さんも集まって、作品を作っていけるんだとワクワクしている、そんな初日でした。

― “春田モード”になるために、何か意識したことなどはありますか?

“春田創一”が自分の中にとても残っているという感覚はありつつも、やはり不安もあったのですが、撮影初日に牧と一緒になれたことも込みで、懐かしい感覚でした。まだ始まったばっかりですが、自分的には春田と牧がいる“こんな感じだったな”という感覚が戻ってきただけで十分!自分の中に、春田が蓄積されていたというか、ちゃんと眠っていたんだなと感じました。

― 現場の雰囲気やチームワークはいかがでしたか?

このチームで何度かやらせていただいているのですが、本当に楽しくてあっという間に終わってしまうんです。現場も明るくて、僕だけでなく久しぶりのメンバーやゲストの方、新しく迎えた(井浦)新さん、(三浦)翔平くんも暴れてくれたら嬉しいです。気心知れた仲でもしっかりとメリハリをつけて挑みたいと思っています。

― 今後の撮影に向けて、意気込みをお聞かせください。

この『おっさんずラブ』チームで、本当にもう…世の中にラブ&ピースを届けたい!そしてひとりでも多くの人を温かく!全力でいっぱい笑ってもらえるような作品を作りますので、初回から楽しみにしていてほしいです。最後まで応援よろしくお願いします!

◆林遣都(牧凌太役)コメント

― いよいよクランクインとなりましたが、今のお気持ちをお聞かせください。

やっぱり楽しいチームだな、早くいろんなシーンを撮りたいなと思いました。

― “牧モード”になるために、何か意識したことなどはありますか?

僕はまず、前作のドラマと映画を見ました。なんだかんだもう5年経っているので、覚えてないことも多かったので、見て全部思い出しました。登場人物たちがどういう出会いをして、どういう出来事があって、どんな風に進んでいって今に至ったのかを確認しておきたいという思いもありましたし、“ちゃんとそのときの熱量や空気感を初日から出せるように!”と思って、全部見返しました。

― 現場の雰囲気やチームワークはいかがでしたか?

映画以来なので皆さん久しぶりです。瑠東監督はほかにはいない人なんです!変な人なんですけど(笑)、やっぱり安心しました。僕にとっては一番仲の良い監督でもあるので、仕事場以外で一緒に過ごす時間が長かったのですが、現場で再会すると本当に細かいところまで見てくれますし、しっかりとプライベートとは別の空気感を作ってくれて、真剣勝負をしてきてくれる感じでした。それに安心しますし、僕もそれに応えなきゃいけないな、と。

今日改めてやっぱり楽しいな、相変わらず愛情深い監督だなと思いました。Yuki(Saito)監督も同じく熱いものをヒシヒシと感じますし、山本(大輔)監督はすごく久しぶりなのですが、また新たにコミュニケーションを取りながらやっていけたらいいなと思います。瑠東監督、貴島プロデューサーを中心にすごくいい雰囲気ですね。

― 今後の撮影に向けて、意気込みをお聞かせください。

長い間この作品を愛し続けてくださった方がたくさんいて、放送を楽しみにしてくださっていると思いますので、“『おっさんずラブ』のみんなは、この世界で生き続けていたんだな”と思ってもらえるように、僕たちも心を込めてやりたいなと思っています。前作にハマった人たちは、すごくうれしいことに「なにこれ楽しい!」という感じでドラマを見つけてくださったらしいんです。だから今回も、初めて見る方に“楽しそう!”と思ってもらえる作品を作れるように、頑張りたいなと思っています。

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. あばれる君、生放送で本名公開「知らなかった」「新鮮」と再び話題に

    あばれる君、生放送で本名公開「知らなかった」「新鮮」と再び話題に

  2. 綾瀬はるか、7年間愛用する“こだわりの品”とは「現場で朝早いときとか…」

    綾瀬はるか、7年間愛用する“こだわりの品”とは「現場で朝早いときとか…」

  3. フジ、TOKIO・KinKi Kids・SUPER EIGHTの冠番組終了を発表「総合的な判断」

    フジ、TOKIO・KinKi Kids・SUPER EIGHTの冠番組終了を発表「総合的な判断」

  4. 
        どこの駅か分かる? 長~いホーム上に「連絡船」の文字 ヒントは「101レの終着」

    どこの駅か分かる? 長~いホーム上に「連絡船」の文字 ヒントは「101レの終着」

  5. 「産後クライシス」に悩むアラフォー女性。夫の愛情を感じられなくなり、二人目妊娠したくてもできない焦燥

    「産後クライシス」に悩むアラフォー女性。夫の愛情を感じられなくなり、二人目妊娠したくてもできない焦燥

ランキングをもっと見る