「VIVANT」最終回、薫(二階堂ふみ)の視線に考察続々「何も聞かない優しさ」「全て知ってて勘付いたのかな」 | NewsCafe

「VIVANT」最終回、薫(二階堂ふみ)の視線に考察続々「何も聞かない優しさ」「全て知ってて勘付いたのかな」

社会 ニュース
二階堂ふみ、堺雅人「VIVANT」最終話より(C)TBS
二階堂ふみ、堺雅人「VIVANT」最終話より(C)TBS 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/09/19】俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場「VIVANT」(読み:ヴィヴァン/毎週日曜よる9時~※最終話は79分SP)の最終話が、17日に放送された。女優の二階堂ふみのラストシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

【写真】「VIVANT」最終回、結末・ラスト3秒に衝撃走る 全てをひっくり返す考察も

◆堺雅人主演「VIVANT」

本作には、主演の堺のほか、阿部寛、松坂桃李、二階堂、二宮和也、役所広司ら豪華俳優陣が集結。別班(国内外で民間人に紛れて諜報活動を行う特殊部隊)の乃木憂助(堺)は、テントのリーダー、ノゴーン・ベキ(役所)が父であることを突き止め、その実態に迫っていく。

◆乃木(堺雅人)、ベキ(役所広司)らに衝撃行動起こす

テロ活動を請け負って得た金で孤児を救っていたテント。しかし、そのテロ活動によって罪のない多くの人を犠牲にしてきた。

ベキは自身と幹部のバトラカ(林泰文)・ピヨ(吉原光夫)とともに逮捕されることを受け入れ、公安とともに日本へ。しかし、ベキたちは日本到着後に逃亡。実は公安の新庄浩太郎(竜星涼)はテントの優秀なモニター(工作員)で彼らの手助けに動いていたのだ。

ベキの本当の標的は日本ではなく、日本にいる内閣官房副長官で元公安部外事課の上原史郎(橋爪功)だった。かつてバルカで公安の任務に当たっていたベキは、内乱で自身と家族に危険が及んだ時に当時の上司である上原が自分たちを見捨てたことを恨んでいた。妻・明美(高梨臨)の「私たちをこんな目に遭わせたやつを、私は絶対に許さない。復讐して」という言葉、そして上原への憎しみを胸に、ベキは上原の元へやってきたのだった。

しかし、そこに乃木もやってくる。上原を囲み銃の向け合いとなるが、乃木は苦渋の決断の末、ベキたち3人を撃つ。乃木は倒れたベキに寄り添い、ベキは「よくやった。憂助、お前は私の誇りだ」と告げた。

◆薫(二階堂ふみ)、視線に注目集まる

その後、医師の柚木薫(二階堂)、薫の担当する病気持ちの少女・ジャミーン(Nandin-Erdene Khongorzul)と神田明神で再会した乃木。感動のハグを交わしたが、その前に薫は乃木の袖を見ているような描写があった。

薫の視線の先にあった乃木が着ていたモンゴルの民族衣装の白いベールの袖には血だと思われるものが付着しており、それを見ていたと思われる。

これを受け、視聴者からは「何も聞かない優しさ」「薫、絶対血に気づいてたよね」「何を考えてたんだろう」「どんな気持ちでハグしたの…」「薫心配でたまらないよね…」「薫もやっぱりテントのこととか全て知ってて勘付いたのかな」など、薫の視線に考察が多数寄せられた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 「あぁ、だからこの人は独身なんだ」男性が納得してしまった40代女性の特徴3例(前編)

    「あぁ、だからこの人は独身なんだ」男性が納得してしまった40代女性の特徴3例(前編)

  2. クロちゃん、恋人・リチとの結婚に不安?「相手のこと考えてない」みちょぱから鋭いツッコミも

    クロちゃん、恋人・リチとの結婚に不安?「相手のこと考えてない」みちょぱから鋭いツッコミも

  3. 西島秀俊、5月末で所属事務所退所&独立を発表 22年間の日々は「かけがえのない宝物」<全文>

    西島秀俊、5月末で所属事務所退所&独立を発表 22年間の日々は「かけがえのない宝物」<全文>

  4. チェ・ジョンヒョプ&山本美月ら表参道に集結「トミー ヒルフィガー」爽やかに着こなす

    チェ・ジョンヒョプ&山本美月ら表参道に集結「トミー ヒルフィガー」爽やかに着こなす

  5. 手に負えない娘に、担任の先生もお手上げ!?アレが原因で学校を早退に…

    手に負えない娘に、担任の先生もお手上げ!?アレが原因で学校を早退に…

ランキングをもっと見る