北川景子「どうする家康」“市と茶々”二役演じることへの思い「お引き受けしようと覚悟を決めて」 | NewsCafe

北川景子「どうする家康」“市と茶々”二役演じることへの思い「お引き受けしようと覚悟を決めて」

社会 ニュース
「どうする家康」46回「大坂の陣」(C)NHK
「どうする家康」46回「大坂の陣」(C)NHK 全 1 枚 拡大写真
【モデルプレス=2023/12/03】女優の北川景子が、嵐の松本潤が主演を務めるNHK大河ドラマ「どうする家康」(総合テレビ、毎週日曜午後8時~/BSプレミアム・BS4K、毎週日曜午後6時~)3日放送の第46回に出演。市と茶々、二役を演じることへの思いを語った。

【写真】北川景子、胸元ざっくりドレス姿

◆松本潤主演「どうする家康」

今作は、希代のストーリーテラー・古沢良太氏が新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描いた、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメント作品。

国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代(のちの家康/演:松本)が、三河武士の熱意に動かされ、織田信長(岡田准一)、武田信玄(阿部寛)という化け物が割拠する乱世に飛び込み、死ぬか生きるかの大ピンチをいくつも乗り越えていく。

市と茶々の二役を演じる北川は「市と茶々、どちらも大きな役なので、同じ役者が2役演じると視聴者の皆さんを混乱させてしまうのではないかと思い、初めてお話を頂いた時は消極的ではありました」と明かしつつ、「でも脚本の古沢先生からも『この物語は、市と茶々、2役を通して演じることに大きな意味がある』とご説明いただいて。自分でも色々と考え、お引き受けしようと覚悟を決めてからは、凄く楽しむことが出来ました」と思いを語った。

また、登場の放送回をもって出演発表となったことについては「共演者の皆さんの役名と扮装写真がどんどん発表されている中、茶々がなかなか明かされなくて『早く発表してくれ~』と思っていました(笑)。 やはり不安だったんですよね」と吐露。「『こんなの私たちが知ってる茶々じゃない』とか、『別の役者さんが演じる茶々が見たかった』とか…視聴者の皆さんは放送をどうご覧になるだろう、受け入れて貰えるだろうかと不安に思っていました」としながらも、「なので、茶々の登場シーンが放送されて、視聴者の皆さんから反響を頂けた時はとてもほっとしました」と安堵したことを伝えた。

そして、大坂の陣に向けての見どころを聞かれると「茶々としても織田、浅井そして豊臣の誇りを最後まで持ち続けたいと思いますし、秀頼も立派に戦い抜きます。史実は変えられませんが、最後の一瞬まで豊臣家がどのように戦い抜くのか、ぜひ注目していただけたらと思います」とコメント。「今までの大河ドラマでは描かれてこなかったような我々の最期になっているんじゃないかと思います。最後までぜひ楽しんで下さい!よろしくお願いいたします」と呼び掛けている。(modelpress編集部)

◆北川景子コメント全文

<市と茶々二役演じることについて>

市と茶々、どちらも大きな役なので、同じ役者が2役演じると視聴者の皆さんを混乱させてしまうのではないかと思い、初めてお話を頂いた時は消極的ではありました。でも脚本の古沢先生からも「この物語は、市と茶々、2役を通して演じることに大きな意味がある」とご説明いただいて。自分でも色々と考え、お引き受けしようと覚悟を決めてからは、凄く楽しむことが出来ました。

市は比較的正統派な武家の娘という印象で、あまり悩まず演じられましたが、茶々は市の思いを引き継ぎつつも、市とどう変化を付けるのか色々悩みました。

扮装やヘアメイクについてもスタッフの方とご相談を重ね、一から作り上げていきました。扮装部の皆さんは大河ドラマ『葵 徳川三代』で小川真由美さんが演じられていた茶々を意識していると伺っていたので、私も小川さんのような迫力ある茶々を演じられたらと思いながら取り組みました。

茶々の撮影はあっという間でした。強烈な登場シーンがあってから、殿下(秀吉)が亡くなり、息子の秀頼が大人になり…出演する度にイベントがある感じだったので、目まぐるしかったです。

<初登場の放送回をもって出演発表となったことについて>

共演者の皆さんの役名と扮装写真がどんどん発表されている中、茶々がなかなか明かされなくて「早く発表してくれ~」と思っていました(笑)。 やはり不安だったんですよね。「こんなの私たちが知ってる茶々じゃない」とか、「別の役者さんが演じる茶々が見たかった」とか…視聴者の皆さんは放送をどうご覧になるだろう、受け入れて貰えるだろうかと不安に思っていました。なので、茶々の登場シーンが放送されて、視聴者の皆さんから反響を頂けた時はとてもほっとしました。

<茶々の人物像について>

茶々は多感な時期に、目の前で沢山の大切な人達を失ってきました。皆がどんな無念な思いで散っていったかを感じていたからこそ、その雪辱を果たしたいという強い責任感を持っていたと思います。一般的には“悪女”と言われることも多いですし、今作でも何を考えているか分からない恐ろしさが目立っているかもしれません。でも私は、真っ直ぐな人だと思っています。

茶々の心の中には、母・市の前で立てた「私が天下をとります」という誓いがずっと残っていて。母を裏切ることのないよう、生き残ろうと頑張ってきたと思います。自分が生き残ることによって、織田と浅井の血を後世に残すことができる。家族のことを思うと、自分はなんとしても生き残らなければならない。でも女性である以上は自ら天下をとるのが難しいので、息子を立派に育て上げ、両親や叔父の無念を豊臣家で果たすという…。ある意味ピュアですし、家族のことも凄く大切に思っていた人。真っ直ぐ、猪突猛進に、戦国を生き抜いた人物と捉えて演じてきました。

茶々としては、当初は殿下の元で暮らすのは複雑な思いもあったと思いますが、幼い頃に引き取って側に置いてくれたご恩もありますし、豊臣家のことも徐々に自分の家だと思えるようになったのではないかと思います。そして息子を立派に育て上げて、息子が天下をとることが、殿下を含めた皆の雪辱を果たすことにもなりますし。秀頼に自分を重ね合わせていたのかなと思います。

<大坂の陣に向けての見どころ>

茶々としても織田、浅井そして豊臣の誇りを最後まで持ち続けたいと思いますし、秀頼も立派に戦い抜きます。史実は変えられませんが、最後の一瞬まで豊臣家がどのように戦い抜くのか、ぜひ注目していただけたらと思います。今までの大河ドラマでは描かれてこなかったような我々の最期になっているんじゃないかと思います。最後までぜひ楽しんで下さい!よろしくお願いいたします。

【Not Sponsored 記事】

《モデルプレス》

アクセスランキング

  1. 
        「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか

    「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか

  2. 
        なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?

    なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?

  3. 小島よしお、第1子誕生を報告

    小島よしお、第1子誕生を報告

  4. チョコプラ松尾「好きな人いると思うんですよ」成功すると思う副業のアイディア明かす

    チョコプラ松尾「好きな人いると思うんですよ」成功すると思う副業のアイディア明かす

  5. 有村架純、“好きな人”前に涙する過去映像が話題 握手後に「手洗わない」発言も

    有村架純、“好きな人”前に涙する過去映像が話題 握手後に「手洗わない」発言も

ランキングをもっと見る